博鱼体育中波紫外線療法(ナローバンドUVB療法)|

中波紫外線療法(ナローバンドUVB療法) ~紫外線治療~

中波紫外線療法(ナローバンドUVB療法) ~紫外線治療~

紫外線治療は太陽光に含まれるUVA、UVB、UVC の各波長の紫外線のうち、皮膚治療に有効性が確認された中波紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線(ナローバンドUVB)を照射して皮膚治療する方法です。

当院では紫外線による皮膚へのダメージ(強い日焼け、発癌等)を起こしにくく、治療効果の出やすい波長の紫外線を高出力で照射できる最新型の医療機器(308エキシマーライトシステム)を使用しています。
小型で照射範囲が小さいので正常皮膚への紫外曝露を避けながら、きめ細かい施術が可能です。
逆に全身などの広範囲の病変には対応できません。
※ よって当院では、全身や広い部位の照射は対応できませんのでご了承下さい

健康保険診療で中波紫外線療法ができる皮膚病

尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、アトピー性皮膚炎、類乾癬、菌状息肉症など、週に1~2回の治療で、数回~10回程から効果が期待できます。

費用は、健康保険が利用できる治療(尋常性乾癬・尋常性白斑・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症など)の場合は自己負担3割の方で1回 1,000円程です。
その他、保険適応外になりますが、結節性痒疹・扁平苔癬などにも効果があると言われています。

注)光線過敏症のある方、皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある方、免疫抑制剤内服または外用中の方は使用できません。

実際の治療について

通常まず、テスト照射を行いMEDと言われる最小紅斑線量を判定します。 MED(最小紅斑線量)の判定ができましたら、その50%くらいの線量から照射を開始します。そして、淡い紅斑がみられるぐらいまで徐々に線量を増加していきます。
おおよそ週2~3回の通院が必要ですが、やむを得ない場合は週1回の通院で行います。

簡便な方法として正常部位に0.2-0.3J/cm2ほど照射して、紅斑反応がないことを確認しつつ、照射量を0.1Jずつ上げていく方法もあります。

当院では、夜の時間帯も予約可能ですので、通勤帰りにもご活用いただけます。

ナローバンドUVB治療をご希望の方は、受付時にその旨お申し出ください。
(但し、医師の診断が必要になります)

照射中には紫外線障害を防ぐ目的で紫外線カットゴーグルを着用します。
顔や眼瞼近くに皮疹の見られる場合は閉眼をして確認しつつ照射することもありますが、基本的には紫外線防護メガネを着用して頂きます。
顔に皮疹の見られない方にはさらにタオル等でカバーしてもらいます。

副作用について

長期の副作用として、やはり皮膚の発がんという事は考えておかなければなりません。しかし、欧米での長期にわたる研究結果、我が国におけるデータからもこの治療では、まず発ガンの心配はない、という事に落ち着いているようです。目安としては1000回照射、総照射量400J/平方センチメートルというところのようです。
発がんのリスクに関してはまだ不明な点もありますが動物実験、臨床データよりUVBと同等前後のリスクもしくはそれより少ないと考えられています。小児(10歳以上)や妊婦にも使用可能とされています。

短期の副作用としては、皮膚の赤み、色素沈着(日焼け)、ほてり感、火傷などがありますが、他の紫外線療法より起こしにくいと考えられています。
乾癬に対するビタミンD3製剤外用に関しては、紫外線によって外用薬が分解してしまうとの報告がありますので、照射後に外用するようにします。

当院では、診察をしながら、患者さんのデメリットになることは極力避け治療を進めてまいります。

診療時間・マップ

所在地   〒171-0022
豊島区南池袋2丁目-29-10 金井ビル2階
 
電話   03-6912-5320  
最寄駅   JR「池袋駅」東口より徒歩約3分
有楽町線「東池袋駅」より徒歩約2分
 
診療科目   一般皮膚科 小児皮膚科 アレルギー科  

在线咨询

关闭